「あやとーござぃます」

って言い方が気になる。

いろいろな人の「ありがとうございます」が、こう聞こえる。

「りがとう」の退位。

耳サイドの問題なのか、口サイドの問題なのか。

言葉のイントネーションというものが、世の中の流行りすたりで千差万別に変わり、僕らの口サイドが無意識に影響を受けているのかもしれないし、逆に僕ひとりだけの耳サイドが「りがとう」を自動変換してしまっているのかもしれないし、実態はどちらか知れない。どっち。まあどちらでも。

LINEと台風とタイムライン

「西日本豪雨の状況を友だちに知らせよう」

LINEが台風状況をタイムラインに投稿しろと言ってくる。

なんというだろう。気遣いというよりはお祭り感覚というか。

スクリーンショット 2018-07-08 11.55.38.png

 

同じくLINE NEWS では、具体的な被害が報告される。

 

スクリーンショット 2018-07-08 12.59.28.png

 

もういちど。友だちに知らせよう!

 

スクリーンショット 2018-07-08 11.55.38.png

このギャップ感。

たとえばもっとひどいケースに言葉を置き換えてみる。

「南海トラフ大地震の状況を友だちに知らせよう」

「原子炉核爆発の状況を友だちに知らせよう」

みたいな。

いや、極端すぎて何が伝えたいか分からなくなった。

 

なんというかなあ。

ブログを書く趣味をプログラミングする趣味に置き換えようか

どちらも共通しているのは、キーボードを動かしながら自分の脳と遊び、アウトプット表現をするというところ。どちらも本当に似ていると感じ始めてきた。

「プログラミングなんてどうせ人間が生み出したものじゃないか」と思っていたけれど、それを言うならば、ブログで書くような「文章」だって、人間が生み出したものだ。

重要なのは自分の脳と遊ぶこと。脳と遊べるならば方法は問わない。その対象がプログラミングだろうと文章だろうと。より味わい深い方を選べば良い。そんな感覚。