浅い眠りの次の日に、泥のように眠る日が来る。

睡眠は不思議だ。1日しか違わないのに、雲泥の差だ。睡眠のレベルが。

おそらく前日に浅くしか眠れなかったせいで、今日の眠りが深くなったんだろうけれど。

どちらが良いだろう。どちらかというと泥のように眠って、眠くて仕方ないぐらいの日の方が、眠りの満足度は高い気もする。

そこまで変な睡眠のとり方はしていないせいなのだけど、どうにも寝付きが悪いというか、すごく良い睡眠は摂れていないような気もする。自覚症状がないだけだろうか。

だけどまあ人間、完全な睡眠が摂れていなくたって、死ぬことはない。体には自然の治癒力がある。なので恐れず、睡眠と戯れれば良い。覚醒や睡眠と遊ぶ。

生きるとは眠っているようなことだし、きっと眠っている時は生きているようなものなのだ。